旅行プランの立て方とコツ@ミステリーツアー・美術ツアーの安い旅行プラン

旅行を絶対に楽しみたいと思うのは当然です。そこで、ここでは旅行プランの立て方や、それを立てる際のコツ、そして、どのようにしたら安い航空券をゲットできるのか、その方法やポイントについて描かれているので要チェックです。

鈴鹿サーキットは夏休みシーズンでも比較的遊びやすい遊園地

三重県鈴鹿市の鈴鹿サーキットは、鈴鹿の市街地から少し離れたところにある遊園地です。隣には自動車レースでよく使用される有名なレーシングコースがあり、年に1度の8耐やF1グランプリ時には多くの観客でにぎわいます。また夏場は期間限定でプールがオープンすることから、夏休みには遊園地と合わせて1日楽しめるところになっています。

この鈴鹿サーキットのレース自体は多くの大人が観客として訪れることで有名ですが、遊園地に関してはどちらかといえば子ども向けに作られたアトラクションが多いため来場者は主に家族連れとなっています。そのため全国の遊園地の中では入場者数は多くないため比較的待ち時間が少なく、夏休みシーズンにおいては比較的遊びやすい施設となっています。

さらに鈴鹿サーキットには併設されたホテルや温泉、ボウリング場や室内プールもあり、仮に泊りがけで来た時に雨が降ってプールや遊園地で思うように遊べなくても十分に楽しめる施設が揃っています。

温泉や室内プールに関してはホテルに宿泊した人は無料で利用でき、宿泊しない場合でも利用は可能です。なおホテルに関しては鈴鹿サーキット内だけでなく周辺にもいくつかのホテルがあるので、夏休みであってもどこかのホテルに宿泊できる可能性は高いです。

さらに遊園地に来た際に大きな問題となるのが飲食する時であり、他の遊園地やテーマパークでは飲食するのにかなり並んで待たなければいけない状態になることも多いです。しかし鈴鹿サーキットでは一旦遊園地を出ても当日に限り再入場が可能で、遊園地の外にはホテルに併設された飲食店がいくつかあるのでそちらで飲食をすることが可能です。なので遊園地内の飲食店が混雑している時間帯でも比較的早く飲食することが可能です。

鈴鹿サーキットの施設は夏休みシーズンは通常よりも遅くまで営業しており、特にお盆休みの時期は花火が上がることから夜の9時まで楽しむことができます。

オートバイ:鈴鹿8耐 第40回記念大会(詳報) – 毎日新聞

関連記事